離煙パイプはタバコを吸いながら禁煙できる

喫煙が習慣化している人にとって、禁煙ほどつらいことはないでしょう。身体が強烈にニコチンを欲する状態がニコチン依存、つまりはタバコ依存の状態です。タバコを長年吸っているほど禁煙は難しくなるため、なるべく若い段階で禁煙を決意することが重要です。大切なのは継続することなので、三日坊主にならない方法を選択する必要があります。

そこで注目されるのが離煙パイプを活用した方法で、今まで吸っていたタバコに離煙パイプを装着し、普段どおりに喫煙するだけです。従来の禁煙はいきなりタバコをゼロにする方法だったので、ニコチン依存の人にとって心身への負担が並ではありません。一方の離煙パイプは毎日少量ずつニコチンをカットするため、負担を最小限に抑えつつ禁煙を成功させられます。離煙パイプは31本で構成されていますが、必ずしも31本を使い切る必要はありません。

例えば20本の段階で禁煙できそうと実感したら、その時点で完全にタバコをやめればいいわけです。大切なのは自分に負担と無理をかけず、楽に禁煙を成功させることです。禁煙は根性で決まると考えている人が多いですが、根性を求められる方法は心身への負担が大きくなります。ストレスが溜まる方法のため、ちょっとしたきっかけで挫折する可能性があるわけです。

離煙パイプのメリットは、急に完全禁煙をする必要がなく、31日間はタバコを吸えることにあります。身体からニコチンを抜いていくことが、ニコチン依存から脱却する唯一の方法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です