離煙パイプの仕組みと効果は?

禁煙グッズには様々なものがありますが、その一つが離煙パイプと呼ばれるものです。タバコをやめることができない理由はニコチン中毒によるもので、体内からニコチンの量が減ることによってイライラが発生しそれを抑えるために、またタバコを吸うという悪循環に陥っていることから起こります。その中毒性はそれほど強いものではなく強い意志をもってやめられる人もいますが、それが難しい人もいるのが実情です。医療機関で行っている禁煙外来でもこのニコチン中毒から脱するためにニコチンガムやパッチといったものを用いて、中毒状態から徐々に改善していくという治療法が行われますが、離煙パイプもこの考えに沿ったものになります。

離煙パイプの仕組みはタバコから発生するニコチンの量を少なくするというものですが、これは1本だけで行うのではなく多くの場合には時間をかけて減らしていくというものです。31本のパイプがあり、それぞれ番号が振られニコチンのカット量が異なります。ニコチンがカットされるのはミクロ単位の穴が空いており、それによって減らすため再利用することができるのが特徴です。基本的には1日に定められた番号のものを31日間続けるというものですが、目標としてはニコチン摂取量が0.005mgになるまで使うというもので、ニコチン量が多い場合には31日間利用したあとに量の少ない銘柄に変えて、もういちど31日間離煙パイプを利用することで禁煙することによるイライラを軽減することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です