離煙パイプを正しく使用するポイント

禁煙するためのグッズなどは数多くありますが、その中で普段のタバコを吸いながら禁煙を行う事が出来る種類として離煙パイプがあります。これは1番から31番まで番号のついたパイプを使用する方法であり、普段吸っているタバコに装着して使用するタイプです。いきなりタバコを吸う事自体を止めるのではなく、普段通りタバコを吸いながら、ニコチン摂取量を抑えていくという仕組みになります。使用方法としては離煙パイプの数字が若い1番から使用し、徐々に番号を増やしたパイプを使用していく方法です。

同じようにタバコを吸っていても、離煙パイプの効果によってニコチン摂取量が自然と制限されるのが魅力となります。タバコを止めるのではなく吸いながら行う事で、禁煙していてもストレスを感じにくいのが強みです。ただし毎日番号を増やして使用していても、身体がニコチンが制御されたタバコに慣れる前だと違和感を感じたり物足りなさを感じてしまう場合が多いです。そのため1番の離煙パイプを使用した次の日に2番をすぐ使用するのではなく、1番を使用して違和感を感じなければ2番を使用するようにします。

身体や気持ち的にも違和感なく使用できることで、制限されたニコチンの量に慣れることが可能です。徐々にニコチンが制限される量が増えていきますが、ゆっくり進めていくことで負担なくタバコから離れられる事に繋がります。禁煙を成功させるために期限を区切る人もいますが、長い期間を経て続ける事も重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です