快適な環境で喫煙が可能になる分煙機

飲食店や喫茶店と言ったお店は分煙化や全面禁煙としているケースが増えています。分煙化と言うのは、喫煙が出来る席が設けられている場合と、喫煙所が店内に設けられている場合などになります。客席で喫煙をしたい場合は喫煙席を選ぶ事になりますが、お店の中には喫煙席と禁煙席が完全に分離されており、喫煙席に入る時には別の扉を開けて中に入るなど、徹底した分煙化が行われています。しかし、一つの店内の中で喫煙所が設けられている場合や、喫煙席が仕切られた状態で作られている場合、入り口の扉を開ける事で喫煙者の煙が店内に流れ込む事になります。

喫煙者の煙はニコチンなどの有害な物質が含まれているため、これを吸い込む事で被喫煙者も受動喫煙をすることになり、煙草の害を受けてしまう事になります。喫煙所の中や喫煙席の中には分煙機が設置されており、室内から煙が外に出ないような工夫が行われています。また、店内にも分煙機を設置する事で、喫煙者の煙が店内に流れないように工夫が行われているお店も増えています。尚、分煙機は単に煙を吸い込むだけではなく、空気を浄化して排出する事が出来る機能が付いているのが特徴です。

煙を単に外に出すだけなら換気扇でも良いわけですが、煙を浄化させることで室内の空気を常に綺麗な状態に保てるなどの理由からも、様々な場所に分煙機が設置されていると言う事です。また、分煙機が設置されている事で喫煙をする人も快適な環境の中で喫煙を楽しめる事になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です