分煙機を設置する場所

タバコを吸わない人のために、喫煙者からの影響を防ぐ様々な対策が行われています。しかし、対策を行なったからといって、正しい知識や方法で行わないとあまり効果がありません。特に、分煙機を使用する場合には、正しい方法でなければ効果が低下してしまいます。まずは、使用方法ですが、ただ設置しているだけでは効果があまりありません。

タバコを吸う人に対して、できるだけ分煙機に近づいて吸ってもらうように協力してもらう必要があります。また、近づいていたとしても、煙は上に向かっていくため、床に置くタイプの場合では十分に煙を吸い込まない可能性があります。できるだけ吸煙口に近づいてタバコを吸ってもらうようにする必要があります。その他、窓を開けている場合や設置している真上に空調機がある場合にも注意が必要です。

いくら分煙機が煙を吸い込みやすい位置で吸っていても、空調機や外からの風によって、タバコからの煙が他へ逃げてしまう可能性があるからです。窓を開けることは、タバコの煙を逃がす手段として非常に効果的ではありますが、同時に分煙機によってできる限り煙を室内に拡散させないようにすれば、室内へのヤニ汚れの防止など、より高い効果が得られます。そのため、分煙機を使用する場合では、煙を吸い込む妨げが無い場所を探して設置し、それと同時に、その他に分煙効果が期待できる方法があれば同時に行い、それらの相乗効果によって、より効果を高めることが重要となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です