分煙機で非喫煙者と喫煙者に配慮した環境を整える

タバコの副流煙は有害で健康に様々な影響を与えるため、オフィス内や公共施設では禁煙になるところが増えてきました。しかし建物内から外に出て吸う人が増え、近隣の人へ迷惑をかけているケースもあるため、喫煙したい人の環境を整えてあげることも重要となります。タバコは煙だけでなくニオイもダメだという人が多いため、分煙機を導入するときにはニオイにも配慮したタイプを選ぶ必要があります。また、音が気になったりしないように静穏機能があるものだとより良いです。

分煙機を設置してくれる業者は、喫煙室づくりの提案から行ってくれる場合があります。非喫煙者だけでなく喫煙者にも配慮した使いやすい喫煙室であればきちんと利用してくれるようになり、快適な環境を維持できるようになります。特別に部屋を確保できない時には部屋の一角にパーティションを用いて設置することも可能で、この際分煙機と合わせて換気扇の導入も行うとベストです。設備を整えただけで終わらせるのではなく、快適な環境を維持できるようにメンテナンスを受けることも重要で、上手く作動しなくなったりしないように定期的に見てもらうようにするべきです。

また、喫煙者に吸いたいだけ吸わせるのではなく、健康にも配慮してもらうために、タバコを吸うことに対するリスクを勉強して学んでもらえるように講習会を開いたりパンフレットを配布する、あるいは人目につくところに掲示するなどして啓蒙していくことも必要です。離煙パイプのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です