喫煙席には必要不可欠な分煙機

飲食店の多くは分煙化が進められいます。喫煙席と禁煙席の2つに分けて、禁煙席には扉が設置され、天井には分煙機が取り付けられているお店が多く在ります。従来の分煙と言うのは、エリアを分けてあるだけで、煙草の煙は禁煙席に流れると言うケースが多く在りましたが、パーティーションを取り付けるなどして、喫煙者の煙が禁煙席に流れないような工夫を行っているお店が増えています。分煙機は煙を吸引して浄化させる目的で取り付けてある設備機器であり、喫煙席には必要不可欠な存在になっています。

また、飲食店の中には席での喫煙は全面的に禁煙にしている所も有りますが、このようなお店の中には店内にブース型の喫煙所を設けており、席での喫煙は出来ませんが、喫煙所の中での喫煙は可能になると言った分煙化を進めている所も有ります。この喫煙所と言うのは数名しか入ることが出来ない小さなスペースですので、数名が一度に煙草を吸えばブース内は煙で充満してしまいます。そこで分煙機を取り付ける事で強い吸引力で煙を吸い込んでくれるのでブース内が煙で充満する事も有りませんし、他の人が吐き出した副流煙を吸い込むと言うリスクが少なくなると言った利点もあります。尚、分煙機は空気を浄化したり、臭いを脱臭すると言った効果を持ちますが、内部には特殊なフィルターなどが取り付けられており、定期的なメンテナンスが必要で、保守をきちんと行う事で分煙機としての役割を果たしてくれるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です