オフィス内の喫煙所にも分煙機が設置されています

従来のオフィスでは各自の席で喫煙が出来ましたが、現在ではオフィス内は全面禁煙になっており、喫煙する場合は喫煙所で行うことが義務付けられています。オフィスの中に在る喫煙所には分煙機が取り付けられており、狭い空間の中で数名が喫煙すると煙が充満してしまいますが、分煙機が在る事で煙を浄化させてクリーンな空気を喫煙所内に戻しているのです。煙が狭い部屋の中に充満する事で、目が痛くなったりしますが、他の人が吐き出した煙となる副流煙と言うのは有害な物質を多く含むため、煙が充満している所で喫煙をすると、副流煙も吸い込む事になり、受動喫煙になるのです。受動喫煙は非禁煙者だけではなく、喫煙者にもあると言う事で、喫煙所内には必ず分煙機を取り付ける事が義務付けられていると言います。

尚、分煙機と言うのは煙を吸い込むだけではなく、集塵や脱臭と言った機能も備えており、吸い込んだ煙を集塵および脱臭をするので、喫煙所の中に入った時には、煙草臭さというものが少なくなると言います。因みに、分煙機には色々なタイプが在りますが、部屋の天井に設置して室内の中央から煙を吸引するタイプ、壁際などに設置をして室内の煙を吸引するタイプ、カウンター式になっていて、喫煙者の吐き出した煙を左右から吸引するタイプなど様々です。カウンター式のタイプなどの場合は、そこに灰皿が設置されており、灰皿に置いて在る時に立ち上る煙も吸引してくれるタイプも有ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です