分煙機と副流煙について

副流煙と言うのをご存知でしょうか。喫煙者が吐き出した煙、灰皿に煙草を置いて在る時にモクモクと立ち上る煙を副流煙と呼び、喫煙者が吸い込む煙を本流煙と言います。最近の飲食店は分煙化が進められており、喫煙が可能な場所には分煙機が設置されていますが、分煙機はこの副流煙を吸い込んで、クリーンな空気を送り込んでくれる装置でもあるのです。副流煙は喫煙をしない人、喫煙をしている人にも悪影響を及ぼすと言います。

この悪影響を引き下げてくれるのが分煙機の役割でもあるわけです。煙草にはフィルターが付いており、喫煙者はフィルターを介して本流煙となる煙を体内に吸収していますが、フィルターがある程度の有害な物質を取り除くと言います。但し、フィルターはあくまでも気休めであり、肺ガンのリスクが在る事を知っておくことが大切です。また、副流煙は本流煙よりも有害な物質が多く含まれており、この煙を吸い込む事を受動喫煙と呼びます。

受動喫煙は、喫煙者が煙草を吸うよりも肺ガンなどのリスクが高くなると言われており、公共の場だけではなく、家の中でも注意が必要になってきます。喫煙所と言うのはそれほど広い空間ではありませんが、そこで一度に大勢の人が煙草を吸うと、喫煙者が吐き出した煙で喫煙所の中は煙だらけになり、その煙は副流煙となるため分煙機を利用して喫煙者が煙を吸い込まないと言った工夫が行われているのです。尚、分煙機の中にはフィルターが取り付けられており、このフィルターを介して空気を送り出しているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です