職場を快適に変える喫煙室の設備

禁煙が社会的な流れになると、喫煙者に対する風当たりは強く、職場での喫煙が困難になります。ルールを守る楽しみ方は大切ですが、吸う人にも権利がありますから、喫煙室の整備を行うなど、対策を行う方法が現実的です。喫煙室は、外部に煙を漏らさない構造や、臭いを閉じ込める役割を持ちますし、不快に感じる要素を外に出さない事を条件に喫煙が許される仕組みです。灰皿やごみ箱の設置とは異なり、喫煙室は空気清浄設備が欠かせず、煙草を吸う本人の健康も重要ですから、新鮮な空気が取り込める事や、有害物質を取り除く性能が求められます。

高性能な喫煙室は、一定以上の密閉力を備え、隙間から外部に煙を漏らさない構造で作られます。また、フィルターを搭載した空気清浄機能を持ちますし、外に対しても最小限の汚染で済む工夫が行われます。人がいない外で煙草を吸うのは、受動的な被害を増やさない方法ですが、煙は風に乗って遠くに運ばれるので、外だからと安心出来ない点に注意が必要です。換気扇や吸気口を設ければ、簡易の喫煙室を作る事は可能ですし、環境に配慮して目的は達成出来ます。

しかし、換気量が不十分で、健康被害を生む原因になるので、設置する場所を確認したり、知識を持った上で設計する事が大切です。企業向けに販売される製品なら、この様な心配は無用です。費用を負担するだけで設置可能なので、短期間で導入が行えますから、吸う人やそうでない人の安心が速やかに実現します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です