喫煙室は本当に必要か

最近は消費税増税の影響でタバコも値上がりしました。それもあってか、禁煙をする人が非常に増えています。健康志向の高まりもあって、益々愛煙家は肩身の狭い思いをしています。会社においても非喫煙者の割合が増えている会社が多いです。

どこの会社も分煙が基本ですがタバコを吸わない人にとってはその匂いだけでも抵抗感のある方は大勢いらっしゃいます。喫煙室は、常に多くの方のタバコの煙でむせ返っています。喫煙後はファブリーズ等で、匂いをきちんと消す事が肝心です。今後は喫煙者のマナーが大きく問われる事になります。

さて、喫煙室は会社にとって本当に必要かという問題があります。そもそも就業時間にタバコを吸うという行為は、その会社の時間で休憩しているという事です。非喫煙者は喫煙者がタバコを吸っている間にも仕事をしています。そう考えると、不公平感があります。

最近ではそのような考え方の元、喫煙室も撤去したり、喫煙に関する休憩時間を一定に定めている職場もあります。労働生産性の観点からしてもそれは正しい行為です。喫煙が健康に及ぼす害は、周知の通りですが、会社という組織が率先して、禁煙を奨励する事で生産性の向上と社員の健康を守る事ができます。最終的には、非喫煙者が被害を被る事がなくなります。

タバコに関しての公衆道徳に関しては路上喫煙を初め、昔から言われていますが、今後は、会社内での喫煙のルールも細かく定められていく事と思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です