果たしてオフィスに喫煙室は必要か

近年はますます喫煙に関する制限が厳しくなって来ています。飲食店でも完全禁煙が増えてきましたし、街中で喫煙出来る場所を探すことが困難になってきました。自宅でもタバコによって壁紙が汚れたり、タバコを吸わない同居人の意向で室内では吸えないケースも多々有ります。では職場では現状どうなっているのか、対策などは施しているのでしょうか。

最近はオフィスでも完全禁煙のケースが増えてきました。タバコを吸いたい人はビルの外に出て吸わなければいけなくなって来ています。しかしオフィスビルによっては喫煙者に配慮して喫煙室を設けるところもあります。オフィスビルに設置して欲しい設備や施設についての調査によれば喫煙スペースを設けて欲しいとの回答がコンビニエンスストアや銀行ATMの設置の回答と同水準との結果も出ています。

それほど要望の多い喫煙室ですが、設置するにはメリットとデメリットがあります。メリットとしてはタバコを吸う人吸わない人ともに快適で居られる点です。喫煙者にとってはタバコを吸うことで満足感が得られますし、吸わない人にとっては喫煙による不快感を感じなくて済みます。デメリットとしては喫煙室の設置には費用がかかることと、設置スペースが勿体無いといった点が挙げられます。

さらには喫煙室を設けることによって仕事をサボるなどの心配も出て来ます。近年の傾向は圧倒的に非喫煙者の声が高まってきていますので、喫煙者は肩身の狭い思いをしています。タバコは吸わない方が身体には良いのですが、少数派の喫煙者の声をどう拾い上げて行くのかが喫煙対策の難しい点です。離煙パイプのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です