バンコクで健康診断を受けるときには

バンコクの医療機関で健康診断を受けるときには、代表的な私立総合病院や日卒医のクリニックなどを利用した方がよいです。私立だと医療費が高額ではありますが、スタッフの対応も親切で、清潔で快適な診療所でゆっくりと診察を受けられます。また、バンコクの有名な私立病院なら、日本語通訳の担当者が勤務していることもあり、日本語で健康診断を受けることも可能です。ただ、健康診断や診察を受けるときに注意が必要なのが、タイではインフォームド・コンセントの概念があまり浸透してないことです。

医師の説明不足のために納得が出来ないことや、誤解を生むこともあり、医務官に電話で相談することもあります。診断や治療などに疑問があるときには、説明を求めて、患者から積極的に疑問などを解決していかなければなりません。タイの医学界は、米国指向が強くて通常は米国流の診断や治療になるので、日本のやり方と違い不安や不満が出ることもあります。説明を受けても、不安や疑問がわからないときは、他の専門医を受診してからセカンド・オピニオンを聞くのも良い方法です。

また、タイの医療費は一定の枠内で自由に料金が設定出来ます。そのため、病院によって治療医が違ってきます。ただ、バンコクで有名な私立病院の医療費を比較してみて、多少違いがありますが、そこまで高額に設定されていることはないようです。バンコクの私立上院で健康診断を受けるときには、渡航前に海外旅行傷害保険などに加入しておくと安心です。

タイでも私的の医療保険があるので、万一に備えておくことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です